スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 [ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カメラの練習 in 長瀞

こんにちは、ZONEの君がくれたものを聴くとあの花よりキッズウォーが思い浮かぶ世代の文系リックです。




前回に引き続き、野上から長瀞駅へ徒歩で向かいます。




長瀞駅近くになるとライン下り関係のものがちらほらと見られます。




トラックの荷台には船が山積みになっています。

DSC_0087_convert_20150915213629.jpg



長瀞駅に無事到着、30分ほどの道のりでした。

DSC_0093_convert_20150915214045.jpg



観光地だけあってオシャレな駅舎です。



秩父線沿線は平日は特に地元の方と高校生が多いのですが、長瀞だけは様相が異なり、江ノ電並みに若者・・・、それも女子旅っぽいグループや男女グループリア充とか正真正銘のリア充だらけでした・・・




それだけ観光地として成功しているということだと思いますがね!




時間が遅いし、そもそもカメラ慣らしのための無計画な散策だったため、ここらで引き揚げました。


DSC_0096_convert_20150915213855.jpg



こりゃあオシャレだ


DSC_0098_convert_20150915214420.jpg


帰りも元東急の車両で(今回は撮れた)


DSC_0100_convert_20150915214614.jpg



さて、まだビギナーであるというのもあり、正直写真の質はもう涙が出そうなほどですが、使わなきゃ覚えませんし、とにかく慣れます!




こんな感じでこれからもお散歩写真やら旅やらなんやらを書いていきます。




それではまた!




スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 [ 2015/09/20 13:00 ]  カメラの練習 | TB(-) | コメント(0)

カメラの練習 in 野上

こんにちは、最近寝つきが悪い文系リックです。




さて、波久礼から3駅先の長瀞へ向かおうと思ったのですが、ずっと2駅先だと思っており、安心してスマホをいじっていました。




2駅先でドアが開き、慌てて降りるとそこはなんか雰囲気が違う・・・


DSC_0069_convert_20150915211346.jpg



よく見るとそこには野上という字がありました。


DSC_0074_convert_20150915211944.jpg



都心ならミスっても次の電車がすぐにやって来ますが、ここでは次の電車と言っても30分後!




歩いたほうが早いんじゃないかと思いちょっと歩いてみました。




思わぬところに宮沢賢治の歌が・・・

DSC_0071_convert_20150915211707.jpg




ここにも第4種踏切が、ここは坂になっていて足場が悪く、危険度が非常に高い場所です。




坂に夢中になると電車を確認するのを忘れそうです・・・、来てなくてよかった・・・


DSC_0077_convert_20150915212225.jpg




やがて、なにやら旧道のようなものを見つけたので、道路好きとしては見逃せず入っていきました。





するとそこは・・・



DSC_0081_convert_20150915212748.jpg




金石の渡しという荒川流域で最後まで残った(廃止年はなんと1981年!)渡船の乗り場の跡地のようです。





この日は数日前の大雨の影響もあるのか水量が多く水面近くまでは近づきませんでしたが、廃止されてまだ40年経っていないため、跡地がハッキリと残っています。





このような水神宮も!



DSC_0078_convert_20150915212502.jpg






すぐ近くにはこのような看板も。


DSC_0084_convert_20150915213015.jpg






車で入ると上の写真のように荒川に真っ逆さまなのでご注意ください。




あと増水時も危険です(>_<)



こちらは金石水管橋に向かう道です。




現在はこの道によって対岸と結ばれています。


DSC_0086_convert_20150915213346.jpg




さて、今回はここまで!



次回は最後の長瀞編になります。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 [ 2015/09/18 23:53 ]  カメラの練習 | TB(-) | コメント(0)

カメラの練習 in 波久礼

こんにちは、今年のセリーグは久々にハラハラな展開で楽しいような怖いような心持ちの文系リックです。


さて、一眼(Nikon D5300)を人生で初めて買ったわけですが、とにかく使わなきゃよくわからんということで、練習に行こうかと。



どこに行こうかと考えた結果、色んな風景があってローカルな秩父線沿線にしようと決め、時間も午後だったことから波久礼と長瀞に行こうと思い立ち、愛機のカメラに35mmの単焦点レンズを取っつけて行ってきました。




まあ訳あって(というより私がアホすぎて)野上駅にも降り立ったわけですがそれは後ほどにして、今回は波久礼駅周辺です!




波久礼駅の周囲は山深いですがまだ寄居町の駅、少し秩父方面に進むと長瀞との町境があります。





去年も訪れており2度目の訪問となりますがこれといって変化はありません、むしろそれがいいのですがね♪


DSC_0006_convert_20150915203246.jpg



DSC_0048_convert_20150915202519.jpg



若干土地勘があるため、すいすい迷わず進んでいきます。




これは西行戻り橋、西行戻り橋は西行法師の「西行戻し」の伝説が名の由来となっています。



DSC_0018_convert_20150915194828.jpg




橋の下は小川が流れています



DSC_0019_convert_20150915195134.jpg




この時期に青くてこの形では柿ですかね~、一眼買ったらまずやりたいことがぼかしだったので早速やりました(笑)



もう少しすると食べごろな季節になりますね、あのほのかな甘さがたまらないんですよね~…、ってここまで書いていてこれが柿じゃない何かだったらどうしよう(笑)



DSC_0022_convert_20150915195457.jpg





植物…、というより自然に疎いため(苦笑)名がよくわかりませんが、蝶が止まっていたためチャレンジしました!




DSC_0025_convert_20150915195741.jpg




くぅ~、ぼかしという選択肢が生まれるだけでこんなに写真って楽しくなるんですね(典型的なビギナー)




古いタバコの自販機、CABINにMILD SEVEN…、今ではどちらも存在しない名称になりました(CABIN→Winston、MILD SEVEN→MEVIUS)


DSC_0026_convert_20150915200105.jpg





こちらは末野神社といい、かつて飯玉神社と呼ばれていた神社に多くの神社が合祀され、末野神社に改称され今に至るそうです。



DSC_0032_convert_20150915200815.jpg






そして末野神社のすぐ脇のあぜ道を少し歩くと踏切が、遮断機も警報機も無い第4種踏切です。





雰囲気はいいのですが、安全性という面から考えると存在自体があまりよろしくない踏切の種類でもあります。



DSC_0031_convert_20150915200509.jpg





ここで引き返して波久礼駅に戻ります。




この時期の波久礼駅周辺は非常に色鮮やかな花が咲いています。



DSC_0035_convert_20150915201223.jpg



DSC_0045_convert_20150915202244.jpg





ちょうどいいタイミングで貨物列車のお出まし!




今では大手私鉄ですらほとんど廃止されている貨物列車、ましてや地方私鉄の貨物列車は貴重な存在となっています。



DSC_0042_convert_20150915201744.jpg




波久礼駅に戻りのどが渇いたので休憩、次に乗る電車は16時44分影森行き、まだ時間があるので駅舎内を




埼玉でありながら、ここは非常にゆっくりとした時間が流れています。



DSC_0054_convert_20150915202717.jpg



構内踏切もローカル線の雰囲気を引き立たせてくれます!


DSC_0056_convert_20150915202948.jpg



シンプルな昔ながらの駅名票


DSC_0059_convert_20150915210554.jpg




駅舎は木造、そこそこな頻度で行き交う貨物列車といい、古い駅舎といい、秩父鉄道は日本の鉄道黄金期の面影がまだ残っていますね。



DSC_0065_convert_20150915211102.jpg




でも旅客列車は東京都心の地下で活躍していたバリバリの通勤車両です。



DSC_0062_convert_20150915210820.jpg




ちなみに私はこの電車ではなく、影森行きの元東急の車両に乗ったのですがそれは撮り忘れました…




というのもなんかシャッター切っても写真が撮れないな~って思ってたらカメラの電源入れるのを忘れていました(笑)




既にヘマをやらかしていますが、次回は更なるヘマをやらかします!




てわけでこの続きは野上編へ!





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 [ 2015/09/15 23:02 ]  カメラの練習 | TB(-) | コメント(2)

文系リックと申します

こんにちは、文系リックと申します。




さて、そもそもこのブログあるいは文系リックって何さって人のために(恐らく世界中の9割9分の人がそうかと)、質疑応答形式で自己紹介をしていこうかと思います。




Q1. 文系リックって何者

この春から社会人になりました。早速お疲れモードですがなんとかやってます(笑)


茨城県在住ですが、生まれと育ちは埼玉県です。まだまだ茨城は勉強中です。


Q2. 趣味は


趣味は道路、鉄道、旅行、写真、ドライブです。



道路は小さいころから興味があり、高速道路(特に首都高)と峠道が好きですね。旧道廃道も興味ありますが足を運ぶとなるとなかなか…。ちなみに地図は愛読書の一つ、紙の地図じゃないと落ち着かないです(笑)




その他、鉄道は乗る方中心、旅行は好きですが金銭的な事情で滅多に行けません。写真は初めて買った一眼レフ、NikonのD5300で色々撮っていますが技術はまだまだ酷いものです。ドライブは道路趣味にも若干食い込みまして、やはり高速道路と峠中心ですが、決して走り屋ではありませんよ(笑)むしろ友人には安全運転ドライバーとして高い評価を頂いております(笑)




Q3. もう自分語りはいいからこのブログの概要を



わかりました本題ですね。このブログでは主に旅や写真を中心にちょっとした情報も書いていきます。



現時点では一人旅や散歩写真が中心ですが、今後は動画にも挑戦していこうかとも考えています。具体的には車載動画や、ひとり暮らしになるので自信が出てきたら料理動画とか。ただそんなに早くは実現できないと思いますのでご了承くださいm(_ _)m




場所は茨城県や埼玉県を中心とした首都圏、静岡県の伊豆、新潟県を中心とした北陸地方が大半になります。




Q4. 使ってるカメラとレンズは



カメラはNikon D5300、レンズはAF-S DX NIKKOR35mm f/1.8Gです。キットのズームレンズもごくたまに使用しますが、9割方単焦点レンズを使用して撮っています。理由は単純にカメラ買ったらお金が無くなったというのと、ズームに頼れない分練習には最適かと考えたためです。




その他はiPhone5sでも写真を撮ります。食べたご飯とか、切符などちょっとしたもので一眼で撮るのが面倒なケースによく使用します。





Q5. ブログの他には



現時点ではTwitterだけです。かつてはAsk.fmもやってましたが現在は放置状態です。TwitterはPC版ページのみブログの左にアカウントとツイートを表示していますので、もし興味を持ってもらえたらフォローして頂けるとありがたいです。ほとんど無駄話のようなツイートですがね(笑)



スマホでもツイッターで@burari_bunkeiで検索すれば多分出てくると思います。



動画を投稿し始めたらそっちのアカウントもおいおい載せていきます。





Q6. 趣味以外で好きなものは



プロ野球が好きで、関東出身ながら大の阪神ファンです!今年は横田選手に期待したいですねえ。優勝をリアルタイムで見たのが03年と05年、当時はまだ小学生、また優勝するシーンが見たいものです…。




TV番組はHTBの水曜どうでしょうが好きです。時々水どうネタが出てくることもあるかもしれません。




車も好きで、モータースポーツも好きです。主にF1を見ます。









というわけです。更新は度々止まりますが、するときは高頻度になったりと極端です。どうかよろしくお願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 [ 2015/09/09 20:02 ]  自己紹介 | TB(-) | コメント(0)
プロフィール

文系リック

Author:文系リック
好きなもの→鉄道、道路、阪神、水どう、F1

現在検討中→クロスバイク、車載動画

職業→会社員

Twitter
FC2カウンター
参加ランキング
ポチッとしてくれたら幸いです
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。