スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 [ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

晩秋安芸路紀行~色んな「赤」に「鯉」してる~ その3 (1日目)

旅行中、広島山口のテレビは東京のことばっかり放送していたのに、帰ってきて関東のテレビを見るとやたら広島だの錦帯橋のCMだのを見る気がします、文系リックです。




旅行前、広島出身の友人からおすすめされたものの一つが宮島の中にあります。




それがこれ、宮島に2店舗、広島駅に1店舗を構える紅葉堂の揚げもみじです!

IMG_0992[1]_convert_20151201014043




もみじ饅頭を揚げたもので味はあんこやチーズなど色々あります(店舗によって違いあり)




今回選んだのは王道のあんこ!



中はこしあん、外はサクッと、不思議な感触ですがハマる味です。



結局この旅行3日間で3個食べるんですけどね、そのくらい美味しいわけです(笑)




しかも私が立ち寄った紅葉堂本店はサービスのお茶もあり、揚げもみじと温かいお茶という最高の組み合わせを堪能できます!




寒い時期なんていいですね~、宮島来たらぜひ寄っていただきたいお店です。




実はこの揚げもみじが旅行1日目の実質的な朝食となっているという状況ですが、不思議と体力は残っており進んでいきます。





また鹿さん


DSC_0304_convert_20151130011945.jpg




野良猫以上の溶け込み方です、奈良でもこうはいきません。


DSC_0306_convert_20151129230938.jpg






トンネルです、ここを抜けると桟橋!



DSC_0309_convert_20151129231321.jpg





ちょっと裏路地に入ってもあっという間に帰ってこれます。


DSC_0314_convert_20151129231503.jpg





ここからは再びJR西日本宮島フェリーに乗り、宮島口へ。


DSC_0319_convert_20151201013044.jpg





雨が強まったり弱まったり、傘をさして写真を撮って、靴は浸水してとすべてがいっぱいいっぱいです。




単純にもう濡れたくないので、広島市内観光は晴れの予報が出ている3日目に延期し、さっさとホテルへ向かいます。




でもJRではありません。広島と言えばこれでしょう、路面電車、広島電鉄!


DSC_0322_convert_20151201013243.jpg





広電は基本的には路線バスのように降りるときに精算する形式ですが、広電宮島口駅では切符を購入することが出来、降りるときは車掌に切符を渡すだけでOKです。


IMG_0993[1]_convert_20151201014239






乗った電車はグリーンムーバ―こと5000形!


DSC_0324_convert_20151201013610.jpg




ドイツのシーメンス社製です。




広電は市内は大人160円均一運賃、宮島線は区間運賃です。




関東地方は路面電車がほとんど存在しない地方であることから、都電荒川線くらいしか乗ったことがありませんでしたが、専用軌道が大半の都電に比べ、広電は都心の大通りのど真ん中を車と一緒に走ります。





電車に乗っていて信号待ちとは変な感じです。




バスでほとんど寝れなかったせいか、電車内でうとうとし、気が付けば広島の市街地、そして広島駅につきました。



DSC_0327_convert_20151201013928.jpg




ホテルのチェックインは16時、まだ1時間以上あるなあ・・・




という訳で、広島に来て堪能したかったアレに行くわけですがここからは次回。




まあアレが次回は二回出てきます、さてさてそれでは!
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 [ 2015/12/01 08:00 ]  晩秋安芸路紀行 | TB(-) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

文系リック

Author:文系リック
好きなもの→鉄道、道路、阪神、水どう、F1

現在検討中→クロスバイク、車載動画

職業→会社員

Twitter
FC2カウンター
参加ランキング
ポチッとしてくれたら幸いです
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。